トップページ> 保護者のみなさまへ> 暴風を含む警報発令時の対応

暴風を含む警報発令時の対応について


平成25年8月30日から気象庁による『特別警報』の運用が始まりました。これにともない、以前から実施している暴風を含む警報発令時の対応に加えて、特別警報発令時の対応を以下の通りとさせていただきます。

台風接近等により滋賀県内のどこかに『暴風を含む警報』が発令されたときの対応

①始業時刻の繰り下げおよび自宅待機

午前7時においてなお暴風を含む警報が発令中の場合は、始業時刻を繰り下げ、生徒は自宅待機とする。午前10時までに暴風を含む警報が解除されたときは、安全に留意して登校する。

②臨時休業

午前10時においてなお暴風を含む警報発令中の場合は、臨時休校とする。

③終業時刻の繰り上げ

暴風を含む警報の発令前であっても、気象情報に応じて教育活動を停止せざるを得ないと校長が判断した場合は、即刻下校を指示する。

暴風を含む警報以外の警報が発令された場合…安全に留意して登校する

滋賀県内のどこかに『大雨・暴風を含む特別警報』が発令されたときの対応

上記の①~③に準ずる。

ただし、①において「特別警報」が解除されてから登校する場合には、通学路の状況等に関する情報収集に努め、問題が無いことを確認すること。もしも登校できない状況が生じている場合には、学校に連絡してたうえで自宅待機する。

愛知高校を含む周辺地域に「大雨・暴風以外の特別警報」が発令されているときは、上記の①~③と同様の措置をとることとする。

暴風警報対応フローチャート