トップページ> 学校案内> コース案内

コース案内

愛知高等学校には、次の3つのコースがあります。

総合コース

授業風景

普通科の中の普通科とでも形容すべきコースです。高校生として身につけて欲しい幅広い知識を習得できるカリキュラムになっています。

習熟度別授業やティームティーチングを通じて、個に応じた指導を心掛けています。

自分の適性や進路に合わせて、2年生から文系・理系に分かれ、さらに、文系は3年から進学系や就職系に分かれて学習することになります。

平成24年度入学生から、同じ目標を持つ生徒同士が切磋琢磨しながら学力をつけてくれることを期待して、『進学』を志す人向けのクラス編成をしています。

音楽コース

ミュージックフェスティバルの様子

普通科の音楽コースは、県下唯一です。

約4分の1を占める音楽系の授業では、心のこもった演奏ができるよう、曲についての理解を深めつつ、音楽の歴史や理論についても詳しく勉強できるように工夫しています。

音楽関係のスタッフは、専任2名のほか、プロフェッショナルな講師を14名(令和2年度)も招いており、声楽・ピアノ・管楽器・打楽器の個人レッスンで技術を向上させることができます。

3学年が共に学ぶ「吹奏楽」の授業もあり、練習の成果は各種コンクールのほか、近隣のイベントなどでも発表し、高評価をいただいています。

少人数学習により、音楽系大学や保育士・幼稚園教諭など、個別の進路に応じた指導を行っています。

体育コース

ウィンドサーフィン実習の一コマ

必修の体育と保健を加えると、体育系の授業は4分の1を超えており、体を動かすことの好きな人にピッタリのコースです。1年から3年まで合同で行われる「地域・生涯スポーツ」という授業は、そのままクラブにつながっており、競技力やチームワークの向上につながっています。

重点的に取り組んでいるのは、野球、剣道、フェンシング、陸上競技の4種目ですが、それ以外の競技で頑張っている人もいます。

日常の授業のほかに、「体育測定」「ウィンドサーフィン実習」「キャンプ実習」「ウィンタースポーツ実習」などを行い、地域のスポーツリーダーの養成を担っています。


▲ このページのトップに戻る